伝えたいものを手前に。 尾張地方には…

伝えたいものを手前に。

尾張地方には、屋根神と呼ばれる地域の神様を祀る風習があり、一般には二階に位置したところに構えがあります。

しかしながら、管理する側の老齢化に伴い、手の届きやすいところに移動してきました。

写真が、その屋根神さま。
旧の1日、15日には供花も出て、綺麗になります。

何気ない街の風景ですが、伝え方によっては、いつもと違った印象を与えられます。

伝えたい題材を手前に。印象付けはこうすると効果的。

2012-10-09 | Posted in 写真教室ブログNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment