右肩上がり、商売もこうでありたい(笑…

右肩上がり、商売もこうでありたい(笑

思うほど紅葉していない名古屋市内です。一昨日の11/5に下呂へ伺いましたが、紅葉している様子を撮影する間もなく、帰路についたのが悔やまれます。

さてさて、右へ右へと上昇するような構図で撮ってみました。日本人が文字を書く時、縦書の場合は右上から始まるわけですから、その右上へ目が行くようにしてみました。
横書の場合はまた別のタイミングでお伝えすることにして、今回は「縦の構図」です。
左上に目がいくと、横に進みたくなるのも、横書の癖があるからですね。
右側が明るく左にいくにつれて、暗くなっていくのも癖を考慮しての写真です。

普段の習慣を写真に当てはめることで、わかりやすい、伝わりやすい写真になります。
右肩上がりは「平凡な構図」という言われもありますから、必ずしも正解ではありません。

しかし、「右肩上がり」で商売が進めば、不安こそつきまとうものの、嬉しいですよね^^

2012-11-07 | Posted in 写真教室ブログNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment