ブレの種類。 手ブレが〜という話をよ…

ブレの種類。

手ブレが〜という話をよく耳にします。特に子どもや動物の写真を撮る際の最大の悩みのよう。

写真のように、弓で弾いたり爪で弦を弾いたりする場合、身体は綺麗に撮れていますが、腕や手もとだけブレています。

こういったものは「被写体ブレ」と呼んでいて、シャッターの速さよりも手もとの動きが速いことからブレて写ります。

撮影者の手ブレではないので、カメラの設定次第でブレは解消されます。

動きのある写真になりますから、これらの動きを止める必要はない気がしますが、これは好みでしょうか。

撮影協力:悠情さん(フィドル)、山下力哉さん(ギター)
http://www.youjoe.com/

2012-12-18 | Posted in 写真教室ブログNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment