風景に飛び込もう。 モノや人を撮影す…

風景に飛び込もう。

モノや人を撮影する時は、一般的にひずみの少ない写真を好む傾向があるというのは、いつもお話ししている通りです。

それが一転、風景になるとそうでもないんです。広く大きく見せる方が迫力があったりと、美しさの表現に広がりが出ます。

可能な限り、風景に近づくこと。これがポイント。
タイトルの通り、風景に飛び込みましょう!

前のめりになり過ぎて、携帯やカメラなど、落とさないように気をつけてくださいね(笑)

2013-07-02 | Posted in 写真教室ブログNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment